トップページ

今年初の雪山ハイク<比良>・権現山

2012・2・04 996m
滋賀県平登山口P〜花折れ登山口〜アラキ峠〜山頂〜
お宮様近辺〜ピストン





年明けから休日と天気の巡り合わせが悪いと言うか今までだと
少々天気が悪かろうが雪降りだろうが喜んで山へ行っていたのに近頃は出来るだけ
体力を使わなくて近場で遊びたい思いが強くて今年初めて休日の天候に恵まれたが、
やっぱり遠出はしたくない虫が頑張って近場遊びとなった。
はじめはホッケから小女郎まで行け!たら!行こうと・・・
たら話し!だから行けないのが80%に傾いている(笑
R367の登山口近くの駐車場に行くと先車3台
止まっていて心配してたがあと2台は止められそうであった
先客の6?7人グループと2人と単独男性が準備を
されていたが私たちよりも先に出発される・・・
男女2人が国道を逆方向を向いて歩いていかれる?
どこの山だろうと思っていたら暫くして引き返して来た?
そのまま平の登山口へ?登山口の前は歩いただろうにと
要らぬ心配をしながらゆっくり準備をすませて出発する
時間は予定をとっくに過ぎて10時前・・・
いつものペースです(笑


国道を歩いて林道に入るといつもの年よりも
雪は少なそうです林道は多くの人でよく踏み固められて
いるのでカンジキを使うほどではないが
アイゼンをつけて歩くことにする、ここでひと騒動が起きる!
サイズと右左をごちゃ混ぜにして
私用と相方用に入れてあってそれを知らない私は
信じきって履いていると止める位置が右側ばかり何か違う?
それに、紐が長くて!?止めてもゆるゆる!!!
完全にぐちゃぐちゃ状態で袋に入れてあったようだ・・・
そっちがこっちで、こっちがそっちや!と
時間は過ぎていくのにお互い苛つく・・・ふぅぅ
無言のうちに今日は権現止まりやとお互い飲み込んで口には出さない
これが何時も夫婦で歩く秘訣やなぁと内心何も無かったかのようにアラキ峠へと急ぐ
アラキ峠に着くと先行のグループの後ろ姿が見える



私たち並みのペースの人が居るのかと分けのわからん安堵感に浸る(笑
今日は風がないから穏やかで好いなぁと思っていたらそうはいかない
アラキ峠から西風が結構強く吹いていて指先が痛いほど冷えてくる
今年も杉のモンスターが頭上からぶら下がっている
ここを過ぎれば素っ裸の唐松林帯に出る早い時間だと樹氷もついていただろうけど
時間はお昼を回っているし気温も高そうなので到底そんな嬉しい出来事はないが
なんと言っても青空が嬉しい♪



山頂手前から北山方面の遠望がスッキリと良く見えている
今日はどこの山でもきっとスッキリと青空を楽しめるだろうね
山頂に到着すると10に程の人たちが昼食中である
栗原から上がってこられた人は雪が多いと話されていたけど
山頂は意外と少なかった。今週の寒波で少しは多くなるだろう。



山頂から少し先まで歩いてホッケと蓬莱山を眺めてから
雪尾の陰で琵琶湖を眺めながら昼食とした
今日は対岸も良く見えている。
能登川から彦根方面の田んぼに雪が白く輝いている
東の方が良く冷えているのだろうか
伊吹山も白く雪をかぶっているのが良く見えた。



お昼をすませてお宮さんの所迄行ってみると小さな祠の角が少し見えているが
すっぽりと雪をかぶっていた。
ホッケ迄行く?帰ろう・・・と、山頂へ引き返して
写真を撮って久しぶりの権現からの眺めを楽しんで
せっかく担いで来たカンジキを履いて下山です





トップページ


inserted by FC2 system